2018年06月

夏老け解消を目指そう!

2018年06月19日

夏老け解消を目指そう!



9月は、だんだん過ごしやすくなって、秋本番の前の月。
また、冬の乾燥の季節を控えて、しっかりとお肌の乾燥対策の準備の季節の始まりの月とも言えます。

一方、夏の体の疲れがお肌に影響を与えてしまうこともある月なのです。
夏の紫外線や体の疲れで、お肌がくすんだり、ごわついたりすることがあります。

これを「夏老け肌」と呼ぶことがありますが、その原因は、紫外線によるダメージが大きいのです。

夏老けを解消したい女性

なぜなら、いくらお顔や手に紫外線対策をしていても、そのエネルギーの強さで体全体にダメージを受けてしまうからです。さらに、血管やリンパ管もダメージを受けている場合も。

ということで、今回は、「夏老け対策」のエイジングケアの具体的な対策です。
まず、大切なのはスキンケアの前に「食べ物」です。

紫外線に影響で、体は、活性酸素の影響によるダメージを受けている可能性があります。
そんな体に必要なのは、ビタミンACE(エース)です。

ビタミンAは、膚や粘膜にうるおいをもたらすとともに、お肌のコラーゲンをつくるのを助けます。
レバー、ウナギ、アナゴ、サバ・イワシなどの青魚、乳製品、卵、モロヘイヤ・にんじん・かぼちゃ・春菊・ほうれん草・小松菜などの緑黄色野菜、のり、ワカメ、緑茶などに豊富です。

ビタミンCは、お肌のコラーゲンをつくるサポートをするとともに、抗酸化作用や酸化したビタミンEをもとに戻すはたらきまであるのです。

キウイフルーツ、いちご、柿などの果物、パプリカ、パセリ、芽キャベツ、ブロッコリー、カリフラワー、じゃがいもなどに豊富です。

ビタミンEを含むいちごのイメージ

ビタミンEは、血行を促進し、お肌の新陳代謝を活発にします。 血流を改善することで、色素沈着の予防にもはたらきます。また、抗酸化作用もあり、ビタミンCといっしょに摂れば効率的です。

アーモンドなどのナッツ類、ごま、大豆、アボカド、赤パプリカ、たらこなどに豊富です。
まず、夏老け対策は、このビタミンACEを意識して、食べることがポイントです。

続いてスキンケア。こちらも、体同様に、抗酸化としっかり保湿が基本です。
だから、ビタミンACEの誘導体が配合されたエイジングケア化粧品とスペシャルな保湿がオススメです。

毎日のエイジングケアなら、ナールスピュア+ナールスネオ。
これで、ビタミンACEが補えます。

ナールス商品でエイジングケアをする女性

そして、週1〜2度は、この後に「ナールスパッション」が超おすすめ。
なぜなら、他のナールスブランドとは異なるヒアルロン酸やアロエベラ葉エキスで保湿を強化するとともに、リンパ管ケア成分「キュアパッション」でお肌の老廃物の排せつをサポートするから。

もちろん、「1アイテムでエイジングケアしたい」という方には、「育む」「攻める」「守る」のトリプルエイジングケアが可能なナールスユニバでもOKです。

プロフィール
管理者:美容液ランキングを考えるブログ

<< 2018年 06月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
リンク集