2018年09月

目の下のクマの種類

2018年09月12日

目の下のクマの種類



目の下のクマは、疲れ顔のもととなり、他人に悪印象を与えてしまいます。
適切な解消方法を即実践していきたいところですが、それには、「クマの種類」にあわせたケアが必要です。

あなたにつきまとうのは、青クマ・黒クマ・茶クマのうち、どれに当てはまるでしょうか?
今回は、目の下のクマの種類について解説します。

目の下のクマで悩む女性


1.青クマ



目の下に青クマができる場合、その原因は血行不良です。
日頃の生活習慣を見直す必要がありますね。

また、目の下の青クマは、ほかのものと比べて悪目立ちしやすい特徴があります。
青クマの色の濃淡には個人差がありますが、大抵は“いかにも不健康そうな紫がかった青”。

「何だかいつも目の下が青紫がかってない?」なんて言われないためにも、美しくあり続けたい女性は、改善方法を早期に実践しましょう。

●青クマができやすい人の特徴

・喫煙・飲酒習慣がある
・寝不足気味
・冷え性
・ブルーライトを長時間浴びている
・ストレスフルな生活を送っている


2.黒クマ



“目の下のクマ”は、本来、皮膚下の色で種類が分かれるのですが、黒クマの場合は別。
黒クマの正体は、顔のむくみやたるみによってできる影なのです。

顔にむくみやたるみがある女性

この症状に悩み始めるのは、加齢による老化の進む30代〜40代の女性。
肌のハリと弾力を取り戻すためのスキンケアを行うことで、黒クマは解消されます。

老化以外の要因で、黒クマの症状があらわれることはありません。

●黒クマができやすい人の特徴

・目元の保湿を怠っている
・肌の老化が進んでいる
・セラミドが足りていない


3.茶クマ



茶クマは、若い女性にもできやすい目の下の肌トラブルです。
顔周りのくすみにも似た色合いをしています。

顔まわりのくすみを気にする女性

寝不足やブルーライトの浴びすぎなどが原因の青クマに対し、茶クマはメイク成分の沈着やメラニン色素によってできるもの。
メイクをした後は、しっかりとクレンジングして、成分の沈着を防ぐことが早期改善するポイントです。

●茶クマができやすい人の特徴

・毎日メイクをする
・外出が多い(紫外線を浴びる頻度が高い)
・洗顔時に摩擦を加え過ぎている

目の下のクマは種類を問わず、全身の血流や肌のコンディションが悪いとできるもの。
スキンケアの見直し・エイジングケアを兼ねて、あなたのクマの種類にあわせたケア方法を行って改善していきましょう。

プロフィール
管理者:美容液ランキングを考えるブログ

<< 2018年 09月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
最新記事
リンク集