2018年10月

子ども脱毛ができるエステサロンおすすめ

2018年10月29日

子ども脱毛ができるエステサロンおすすめ



お子さんの体毛が濃くて悩んでいませんか?
最近では、子供のムダ毛が原因で学校でも、「いじめ」にあうことがあるそうです。

また、今の子どもたちはママ世代よりも成長が早く、ムダ毛で悩みはじめる時期も早まっているそうです。
最近では‘子供でも脱毛ができる’と広告している脱毛サロンがありますが、どうなのでしょうか?

子供も脱毛を考える


1.子ども脱毛の効果は?



小学生以下の脱毛には賛否両論があり、まだ早いのでは?と考える人も少なくないようです。

女の子の場合、ホルモンバランスが落ち着く20歳前後までは、ムダ毛の状態も不安定なため、子どものうちに一度脱毛したとしてもまた生えてくることがあるといわれています。

ただ、お子さんが真剣に悩んでいて、何とかしてあげたいと思うなら、「また生えてきたらその時はその時」くらいの気持ちでエステを利用するのもいいでしょう。




2.子どもでも脱毛してくれるエステサロンは?



サロンによっては小学生でも安全・キレイに脱毛処理を行い、確かな結果を出してくれるところもあります。
またお子さまとママで受ける脱毛コースを設けている脱毛サロンもあります。

2人で通うことで割安にもなりますね。
このように大手のサロンでは子どもでも脱毛できるところが増えてきていますが、年齢制限はサロンによって異なるようです。

1)ディオーネ


ディオーネは3歳から脱毛が受けられます。
ディオーネでは“ハイパースキン脱毛“を採用。

子供のために開発した「痛くない・肌を傷めない」脱毛法で、アトピー・ニキビ・敏感肌・色黒肌でも施術できると話題です。

子どもは肌が大人よりデリケートですし、外で遊んで日焼けすることが多いので、気にせずに脱毛できるのが嬉しいところです。

さらに、他のサロンでは「フラッシュ脱毛」を採用していることが多く、照射する時に熱く感じることがありますが、ハイパースキン脱毛には大きな熱量は必要なく、3歳の子が施術を受けても痛みはほぼ感じないようです。

ただ費用に関しては、他のサロンと比べると少しお高めです。

2)エピレ


エピレでは「キッズ脱毛」と言うコースがあり、そのコースなら7歳から脱毛ができます。
エステティックTBCの脱毛実績を元に、肌にやさしく安全なオリジナルの脱毛マシンを開発、「ライト脱毛」という方法で施術します。

ライト脱毛は、子供の肌にも可能で、出力レベルもそれぞれに合わせる事ができるので、様子をみながら施術でき安心です。

また、お母さんの施術日に、一緒に子どもと来店すると、お子さんに「両ワキ脱毛」を無料で提供してくれます。

お母さんと同じ部屋で施術してもらえるので、親子双方に安心感があるのも嬉しいところです。

3)脱毛ラボ


全身脱毛専門のサロンで、12歳から脱毛できます。
保護者同伴であれば、中学生でも脱毛できます。

全店舗駅から近く、徒歩0〜5分で通いやすくて便利。効果がなければ、全額返金保証という制度もあります。
エステ業界初の「月額定額制」を始めた脱毛サロンで、月額9980円から全身脱毛が受けられるのもありがたいですね。

脱毛をサロンでする女性


3.最後に



カウンセリングで相談を子どもの脱毛サロンを選ぶ際、ほとんどは大人のサロン選びと変わりませんが、子どもの場合は肌がデリケートなことを考え、安全性や痛み・肌への負担を気にしたいですね。

また、子どもが安心できるようなお店やスタッフの雰囲気も重要です。
行きやすい範囲にあるサロンの中から、無料で受け付けているカウンセリングを受け、サロンの環境や対応の仕方などを直接確認して、どこにするか決めるのがおすすめです。

*<脱毛サロンはa href="https://eijingukea.nahls.co.jp/shisetsu-kensaku/datsumou/">こちらから

顔にたるみができる原因と対策

2018年10月29日

顔にたるみができる原因と対策



しみやシワが目立っているわけではないのに、なんとなく老け顔に見える・・・。
それは「たるみ」のせいかもしれません。

たるみは、老化現象の始まりともいわれていて、肌老化による肌トラブルの前兆ともいえます。

顔のたるみに悩む女性

つまり、たるみに気が付いた時点でできるだけエイジングケアを行うことが大切なんです。
顔にたるみができる原因と正しい対策方法について理解しておきましょう。


1.顔のたるみの原因



たるんだ顔になってしまう原因としては、以下のようなことが考えられます。
お肌の弾力構造が破壊 まずひとつが、肌に弾力が失われているということ。

肌にはコラーゲンやヒアルロン酸などが含まれていて、それらの成分が適切に存在することによって肌の弾力は保たれています。

その弾力が失われてしまうのは紫外線を過度に浴びてしまうこと、生活習慣の荒れなどが原因となることが多いです。

1)表情筋の衰え


また、表情筋が段々と機能しなくなることによってもたるんでくるとされます。
表情筋が働かなくなるとその上にある皮膚や脂肪を支えられなくなって、たるみが出てしまうのです。

表情筋の衰えでたるみができた女性

2)ホルモンや自律神経のアンバランス


それと同時に、体の内側から来る不具合によって顔がたるんでくることがあります。
たとえば心的ストレスや過剰なダイエットも顔のたるみの要因となります。

ストレスは自律神経のバランスを崩し、美肌であるために重要なホルモン分泌を狂わせてしまいます。
ダイエットもお肌を痛め付ける理由になってしまうことがあります。


2.顔のたるみ対策の方法


では、お肌をたるませないためにはどうしたらいいのか?
対策をいくつか提案いたします。 

顔のたるみの対策を行う女性

1)紫外線対策


第一にお肌の天敵である紫外線対策を取ること。紫外線を浴び続けているとシミにもなってしまいます。気をつけましょう。

2)生活習慣の見直し


第二に規則正しい生活を送ること。これが最も確実な対策だと思います。健康と美肌を保つには、質のいい睡眠と食事が欠かせません。

この二点につけ加えて、表情筋を鍛えたりフェイシャルマッサージを怠らないことも重要なポイントです。
いつまでも若々しいお肌をキープするために、心がけましょう!

こんな角栓対策はNG

2018年10月20日

こんな角栓対策はNG



Tゾーンや小鼻の周りにできる白や黒のブツブツを、角栓といいます。

肌に触れたときのザラつきを毛嫌いし、角栓を、ピーリングやスクラブで除去する女性も多いでしょう。

しかし、それらの対策方法はNGなのです。
角栓の正体とでき方について知り、間違ったスキンケアを今すぐやめましょう。

今回は、「こんな角栓の対策はNG」というテーマについて解説します。

角栓に悩む女性


1.角栓の原因とでき方



みなさんは、角栓の正体を知っているでしょうか?

「皮膚にできる老廃物の塊で、その都度取り除かないといけないもの」と認識している人が多いかと思いますが、実はそうではありません。

角栓ができる原因は、酸化。

つまり、毛穴の奥に詰まった皮脂・メイク汚れ・ホコリなどが空気に触れ、取り除けないままになることで酸化するため、角栓として肌に定着してしまうのです。

これを無理に取り除くと、角栓の詰まっていた毛穴部分に空洞が生まれ、そこに雑菌が入り込んでしまいます。

こうした角栓の原因やでき方を知ることが、正しいスキンケアにつながります。
肌に負担をかける方法で、毛穴の詰まりを解消しようとするのはやめましょう。

毛穴からたくさんでる角栓


2.こんな角栓対策はNG!



市販の角栓ケアを手当たり次第に試して、肌に負担をかけてはいませんか?
間違った対策を続けていると、健康な皮膚の状態からどんどん遠ざかってしまいます。

ここでは、間違った角栓対策の方法をいくつか紹介します。
下記のいずれかを実行している人は、スキンケアの見直しが必要です。

角栓対策の化粧品

1)毛穴パックは毛穴の開きの原因なのでNG


小鼻に貼って剥がすタイプの毛穴パックは、一見、効率よく角栓対策できるようにみえますが、肌に過度な負担をかけるのでNG。

角栓とは、ターンオーバーサイクルが正常化すれば、自然と剥がれるものです。
粘着力に頼って無理やり除去するのは、毛穴の開きの原因になります。

2)角栓取りで汚れをかき出すのもNG


一時期流行した角栓取り用の棒で、毛穴の詰まりを解消する人は少なくありません。
しかし、これも絶対にNGな対策方法です。

角栓取りで汚れをかき出す快感はあるでしょうが、毛穴の空洞化した部分に雑菌が湧いてしまい、新たな肌トラブルのもとをつくってしまいます。

3)スクラブ洗顔は角質層のバリア機能を壊すのでNG


スクラブ洗顔で角栓対策をした場合、肌への摩擦が原因で赤み・かゆみ・かぶれを招いてしまいます。

角栓はあくまで自然に剥がれ落ちるまで待つのが、1番のケア方法です。
肌への負担をかけてしまう前に、良質な食事と睡眠習慣を心がけるのが先決。

プロフィール
管理者:美容液ランキングを考えるブログ

<< 2018年 10月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新記事
リンク集